トップページへ戻りますご挨拶広島県・関西同窓協議会の歩み活動の模様各種イベント情報

ホーム/活動の模様
第96回全国高等学校選手権大会広陵出場 !!
平成26年8月13日
 4年ぶり21回目の甲子園。 雨のため開会が延びたため初戦は2日遅れの8月13日の第三試合三重県
代表三重高校との対戦となった。
 超満員の甲子園、春とは違い広島県大会を勝ち進んできた覇者の風格あり。 2回の表に取った2点を4回
裏に同点にされる。 好投を続ける吉川雄太選手のソロホームランと満塁からの押し出しデットボールで2点
追加してリードを取った7回表お見事でした。  しかし勝負というものは終わりまでわからないもの、9回裏に
2点を取られ追いつかれたまた振り出しに。  4−4でむかえた延長11回裏2アウト満塁ピンチ。アルプスス
タンドも一丸となっての応援。  マウンドの吉川君に激を飛ばすチームメイトが駆け寄って円陣を組む広陵ナ
インの姿が頼もしく見えた。 後の談話であの瞬間「お前が投げたボールで打たれるなら本望だと」キャプテンでキャッチャーの太田光選手が言ったらしい。 その時、間違いなくチームはひとつになっていた。
一回戦敗退はとてもざんねんでしたが、この悔しさを来年につないでまた春甲子園へ来て欲しいと思います。
 応援していただいた皆様、本当に有難うございました。

                                                  広陵学園同窓会近畿支部
                                                         支部長 大亀京助
                                                        
 
◇開会式の模様 
広島県代表 広陵高校入場行進 
第96回全国高等学校選手権大会 開会式上空より
広島県代表 広陵高校入場行進
甲子園の現在のつた 放送部の方々による場内アナウンス
   
◇広陵学園対三重高校1回戦の模様
飯田名誉会長他 広島関同協の応援のみなさま
歴代優勝校の校旗 大会3日目の第4試合でした
試合開始前のあいさつ 佐藤広島関同協会長 同席で応援
いつもの元気ある応援団の方々
一生懸命の応援団のみなさまがた
後ろの看板とのバラウンスが「必要」 応援のみなさん 
広陵 誇り高き 169球 狙い一途 最後は三重に
最後のあいさつ 恒例の場所での反省会
   
2014年広陵高等学校第96回全国高等学校選手権大会出場記念写真集 
                                           大亀広陵同窓会近畿支部長撮影
   
 みなさま 暑いなか応援観戦たいへんお疲れ様でした!!
 
ホーム/活動の模様  

 ホーム ご挨拶 同窓協議会の歩み
 活動の模様 イベント情報

  お問い合わせ
 管理者 ⇒ 中島 正智(なかじま まさとも)
 mail ⇒ spgm7ev9@oboe.ocn.ne.jp
 Copyright (c) 広島県・関西同窓協議会. All rights reserved.