トップページへ戻りますご挨拶広島県・関西同窓協議会の歩み活動の模様各種イベント情報

ホーム/活動の模様
広島工業高校 粘り及ばず 
(第94回全国高校野球選手権大会)
平成24年8月8日
 青春、朱夏、白秋・・・季節にも「色」があるようです。
燃えるような太陽がジリジリと容赦なく照りつける“朱夏”の甲子園。 その暑さの下で、多くの球児が白球に最後の夏を賭けて熱い戦いを繰り広げます。
 8月8日(水)。第94回全国高校野球選手権大会【朝日新聞社・日本高校野球連盟主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力】が、西宮市の阪神甲子園球場で開幕しました。
開会式には、3万4千人が集まり、先導役を務める宮城県農業高校野球部の佐々木大地主将につづいて、史上7度目の大会2連勝を目指す日大三高(西東京)を先頭に、49代表校が南から北の順に入場行進しました。
 そして、第1日目のこの日の第2試合に、20年ぶり5度目の“復活”出場を果たした我らが郷土代表の広島県立広島工業高校(広島工)が登場しました。 対戦相手は、4年ぶり2度目出場の飯塚高校(飯塚:福岡県代表)。 両チームの地方大会の打率は広島工が3割5分2厘、飯塚が3割5分9厘で、飯塚が僅かに上回るもののともに3割5分台を誇り、互いに打線に自信を持っています。 そして両監督は、かっては宮島工(広島)で監督〔沖元・現広島工監督〕、コーチ〔吉田・現飯塚監督〕を一緒に努めた間柄で、今回はいわば盟友対決に・・・
 結果は、前評判どおりの打撃戦(計18安打)の末「6−4」で、投手力がやや上回った飯塚に軍配が上がりましたが、両チームの選手ともよく戦いました。
 試合前広島工は県大会3本塁打・5割7分1厘と好調の3番宇佐美君を中心に『下位打線からも集中打で好機を作る。準決勝、決勝と逆転勝ちし、精神力の強さを見せた』と、新聞評〔朝日新聞〕にありましたが、残念ながらこの日の試合では宇佐美君が4打数1安打、1得点と、その打棒が振るわず、また制球力に高い評価のあるエース辻駒君も『抜ける球が多くて、いいボールがなかった』〔朝日新聞社〕と悔やんだように、3回までに7安打を浴びて5失点。 序盤に主導権を握られてしまい苦しい試合展開となりました。
 広島工は、昨秋の県大会は準々決勝で広島商に完敗し、今春は如水館に初戦敗退と、苦しい戦いが続いていましたが、夏の甲子園を決めた時、主将の木下君は『敗戦から多くを学んだ』と胸を張り、沖元監督も『たくましくなった』と選手を認め、褒めていました。 そして、来阪時の歓迎・激励会の際に、堀川部長も「焦らず、粘り強いチーム」と評価されていました。 その言葉どおり、1回裏2点を先取されたあと、広島工も2回表すぐに2点を返して同点に追いつき、そのごも互いに点の取り合いで拮抗した試合運びでしたが、7回、1死1塁の時の盗塁失敗と、8回裏の追加点(1点)が勝敗を分けた感じでした。
 試合後、沖元監督は、『追いかける展開に、打者が焦ってしまった。思い切って振ってくれたが、向こうの投手が一枚上だった』と語り、打線の中心の宇佐美君は、「5回、左中間へ適時二塁打を放った」ことについて『バットの芯ではなかったけど、振りぬくことができた』と語っています。〔朝日新聞社〕
 また、試合直後に沖元監督が『やられました』と駆け寄ると、吉田監督は『ありがとうございました』と応えて握手を交わして、『選手が普段どおりできなかった私のミス。吉田監督は落ち着いていた』と沖元監督が話すのに対して、吉田監督は『よく鍛えられたチームで、簡単には勝たせてもらえませんでした』と話されていたそうです。〔朝日新聞〕
 よく「甲子園には魔物(浜風、暑さなど)がいる」といわれますが、「女神」もまたいるそうです。
今夏、広島工の試合は、その「女神」は残念ながら飯塚にほほ笑んだようですが、来年は「女神」がぜひ我らが郷土代表校にほほ笑んでくれることに期待しましょう !!
 広島勢の甲子園の“夏”は終わりましたが、またプロ野球・広島カープの活躍があります。久しぶりのAクラス入り・・・最後まで気を抜かずに応援しましょう。
 厳しい暑さの下、〔甲子園〕での応援、本当にありがとうございました。 厚くお礼申しあげます。
  みなさ〜ん、お疲れ様でした !
          【お断り ・・・ 文中、〔朝日新聞〕の記事を多く引用させていただきました】                                                                                 
 
大阪国際会議場にて抽選会実施 8月4日
 第94回高校野球選手権大会堂々の入場行進 8月8日
広島関同協の役員の方々 応援風景
広島関同協の方々の応援 試合開始
広島関同協の方々の応援
 広島関同協の方々の応援
   
 県工さんの攻撃 スタンド演奏宮島工が協力
   
応援席温かい拍手 
   
 甲子園の土 応援のみなさんの残念会 
 
ホーム/活動の模様  

 ホーム ご挨拶 同窓協議会の歩み
 活動の模様 イベント情報

  お問い合わせ
 管理者 ⇒ 中島 正智(なかじま まさとも)
 mail ⇒ spgm7ev9@oboe.ocn.ne.jp
 Copyright (c) 広島県・関西同窓協議会. All rights reserved.