トップページへ戻りますご挨拶広島県・関西同窓協議会の歩み活動の模様各種イベント情報

ホーム/活動の模様
『第30回福山誠之館同窓会関西支部総会』の開催
 
30回を迎えた関西支部総会
   2014118日土曜日午前11時から「第30回誠之館同窓会関西支部総会」をグランヴィア大阪
  20
階の「名庭(なにわ)」の間で開催しました。

   これに集う者来賓合わせて120余名とたいへん盛況でした。
   同窓会名に「高校」の名がないのは、誠之館「中学」の卒業生も、またある時期「誠之館」を
  名乗ることが許されなかった時期(後述)の卒業生をも含んだ同窓会だからです。

■挨拶
   佐藤忠司支部長は開会挨拶で、今年の幹事学年(5354年卒)が頑張ってくれて120名余りの出
  席のうち関西が約90名で関西以外からも約30名も参加があり、本部から竹田会長始め3名役員
  、並びに古前校長先生をお迎えしての盛大に開催できたことを嬉しく思うと述べられました。
  
続いて門田俊夫副幹事長の来賓紹介のあと、福山の同窓会本部の竹田浩二会長が来賓代表として
  挨拶されました。


■母校の現況
   檀上では続いて、現在の母校の校長先生…広島県立福山誠之館高等学校校長(39)古前勝教
  氏から母校の現況報告を含んだご挨拶がありました
   ・校舎本館(伝昭和47年築)は現在建て替え工事中でBグラウンドの仮設プレハブ校舎を使って
  いること。平成282月完工予定の新校舎は、ガラス張りのモダンな中にも伝統を感じさせるす
  ばらしいものになること。
  ・広島県から「トップリーダーハイスクール」の指定を受け高度な人材を輩出すべく努力してい
  ること。(参照資料:
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/92754.pdf)
  ・校名の元になった「誠は,天の道なり。これを誠にするは,人の道なり」を含む孔子の孫にあ
  たる子思の『中庸』の一節を生徒たちに指導・暗誦させていること。
  1855年の藩校創設以来160年の歴史を重ねる公立高校は他にそうないということ。

■総会・議事〜役員改選で女性支部長誕生
   計等の報告監査承認の後、役員改選が行われ、新役員のうち3役の候補が紹介され満場の拍手
  で承認されました。支部長・副支部長に史上初の女性が就任するという、時代性に即した清新な
  人事となりました。
   また、後ほど別途、幹事長その他の新役員が紹介されました。
 <新役員>
   支 部 長:友滝寛子
   副支部長:藤原敬子、森迫清貴
  会計監査:小山田勉、栗原雅治

■記念講演:『地力と国力〜我が国の食と農は大丈夫か?〜』
   同窓53年卒の立命館大学生命科学部の久保幹教授による記念講演が行われました。
   環境()が良くないと植物が良く育たないことの実例を国内外の複数の大学のキャンパスにあ
  るイチョウの葉の大きさで比較する映像を使ったわかりやすい解説と軽妙な口調で、会場から明
  るい笑い声が上がるほど。
   化学肥料の環境負荷や食料自給率の問題などを踏まえた中、氏の専門の生物工学・環境バイオ
  テクノロジーの数値で見る科学的知見(SOFIX技法

   http://www.ritsumei.ac.jp/lifescience/skbiot/kubo/noushoku/noushoku_sofix.html
  上で見出した方法が実は古来日本で行われていた地域内・生物循環型の有機農法への再帰であっ
  たという発見はとても新鮮な驚きでした。


■今回のエンターテインメントは、ジャズの生演奏!
   同窓54年卒の阿吹光正さんのご縁で広島および関西で活躍中のジャズミュージシャン6名(
  Ds,Bs,Pf,EG,Tp,Vo
)が集まってくれました。
   スタンダードからボサノバそして歌謡曲まで、プロフェッショナルな演奏と時に明るく時に艶
  っぽい生歌に聞き惚れ、拍手喝采でした。

■乾杯から応援歌へ
   今回の全出席者の中で二番目に年長の昭和28年卒業で元・支部幹事長の橋本輝一郎氏から乾杯
  前に貴重なお話しがありました。

   曰く、戦後、GHQの指導により男女別学であった福山の2つの高校を合体かつ二分して共学
  の高校が2つ作られたこと。西に位置する元女子校は同窓会名から「葦陽高校」と名づけられた
  が東の方は、武士道に繋がる誠之館の名はけしからんとして「東高校」とされた、とのことでし
  た。

   その名残は実は校歌にも残っていて、「第二校歌」の「♪福山誠之館高校に 楽しの若人 お
  ゝわれら」という歌詞の「♪福山誠之館高校に」は字余り・音が詰まり過ぎているのだがこれは
  元々「♪福山東高校に」だったのだということでした。
   乾杯そして贅沢なジャズの生演奏をBGMにしての歓談のあとは恒例の応援歌です。
   太鼓や応援旗こそ持ち込みませんでしたが本部同窓会常備の紺地に白の校名染め抜きの法被に
  白鉢巻・白手袋も凛々しい檀上のにわか応援団幹部と一緒に応援歌「陣鼓の響」をみんなで歌い
  、大いに気炎をあげました。

■次回は二年後、2016
   生憎支部の歴史を知らず当初からかどうかは存じませんが、誠之館同窓会関西支部では2年ご
  とに総会を行っています。次回開催は2016年に予定されています。
   次の総会でみなさんまたお会いしましょう。

                             文責:30回支部総会年度幹事 昭和53年卒 秋山達哉

                                                                    

◇福山誠之館同窓会関西支部総会の模様
54年卒 集合写真
52年卒 53年卒 集合写真
ジャズ演奏 ジャズ演奏
ジャズ演奏 テーブル
 
テーブル 応援歌
 
応援歌  記念講演 
 新役員 来賓席 
   
   
ご参加のみなさん大変お疲れ様でした! 
 
ホーム/活動の模様  

 ホーム ご挨拶 同窓協議会の歩み
 活動の模様 イベント情報

  お問い合わせ
 管理者 ⇒ 中島 正智(なかじま まさとも)
 mail ⇒ spgm7ev9@oboe.ocn.ne.jp
 Copyright (c) 広島県・関西同窓協議会. All rights reserved.